ブログ

「何もない私」という言葉で考えた働く自分と専業主婦の妻のこと

どうも、ハルキ(@haruki_komugi)です。

本屋が好きなので、よくぶらぶらするんですよ。
そうしたら一冊の新刊が目につきまして

『子育て後に「何もない私」にならない30のルール』ボーク重子著

やや煽り気味ですが、キャッチーなタイトルですね。注目させないと始まらないから、仕方ないですね。

くやしいかな案の定、胸がザワザワしたのです。自分のこと、というより、妻のことを考えて。

私は仕事を通して「何者」かでいられている

我が家は、いまやどちらかというと少数派になった、専業主婦家庭です。
私がサラリーマンとして外で働き、妻が専業主婦として家で二人の子供の育児をはじめ、家のことを担当しています。

私はもともと大学そして大学院で学んできた知識を活かした、専門職で働いています。
お給料は別に高くありませんが、自分の興味ある分野で働いているので、結構充実してるなーと自分でも思っています。

だから正直、よく聞く「誰のために働いてやってると思うんだ!」みたいなオラつく夫の気持ちが分かりません。
あれ?だって大抵の人は、就職した時ってまだ独身でしょう?
それなら家族がいようがいまいが、その仕事してるんだからそれを持ち出して、パートナーにマウントを取るみたいなのっておかしくないですか?

ま、それはおいといて、私はぶっちゃけ仕事をしながら、日々「プチ自己実現」をして「プチ承認欲求」が満たされている幸せもののようです。

あれ?それじゃあ専業主婦の妻はどうなんだろう?と思ったわけです。

>>【家族のために働いてるわけじゃないんだ、実は。】

専業主婦の妻はどうなんだろう?「何もない」なんて感じてほしくないんだけど…

妻もかつては一般企業で事務職として働いていました。
子供ができたから辞めたとかいうわけではなくて、その前から辞めていたので、これも日本によくある「妻の方が子育てのために、やりたい仕事をあきらめて専業主婦になった」パターンにはあてはまりません。

でもはたして、日々家事育児に追われていて、どんな気持ちなんだろう?

もしかして、やりたいことがあったのかな。
今は、それを我慢しているのかな。

私はどこか罪悪感を覚えていたのかもしれません。
もしも自分がブラック企業で日々精神をすり減らしながら、それでも家族を食わせるために歯を食いしばってストレスに耐えて働いていたのなら、きっとそんなことは思わなかったでしょう。

今だってもちろん仕事は楽ではありません。楽な仕事なんてないでしょう。
でもそれにやりがいを感じていたら、人は満たされていくのだと思います。

自分だけが充実感を覚えながら、お外で働いているのだとしたら、この先もそれでいいのだろうか。

もっと言うと、最初に見た本で問いかけられた「何もない私」という気持ちを、いつか妻が感じてしまうんじゃないだろうか。

ふと心配になって、思わず聞いてみました。

>>【みんながみんな何者かになりたいわけじゃない。のか?】

>>【子育てが終わった時、空っぽにならない?】

>>【結論出ました:わかんないよ。そんなの】

「パパ・ママ」でもない「夫・妻」でもない「別の自分」が必要な人と、そんなものいらない人。あなたとあなたのパートナーはどっち?

一連の話をインスタグラムで投稿しました。

そうしたら反響の大きさに驚きました。
コメント数が100件、200件!

それを読んで本当に勉強になりました。
私自身は、子供にとってのパパ、妻にとっての夫、それだけじゃない自分がどうしても必要だと感じてしまいます。

ただしコメントを見て、そう思うタイプとそんな必要はないと思うタイプがいるとわかりました。

どちらが正しい正しくないとかではもちろんありません。

そんな事考えずに、今目の前の子供がすべて、と思っている人に、「それじゃいつか空っぽになるんじゃないですか?」と言ったら、それは相手からしたら「あぁん?(怒)」ですよね。

ただ一度くらいは、考えてみるべきだと私は思います。我が家のように相手に実際に聞く、聞かないは別にしても。
パートナーはどっちのタイプだろう?
そして自分は、本当はどっちのタイプなんだろう?と。

こんな感じで、インスタグラムで日々、夫・父親目線の育児漫画を投稿しています。よければ一度ご覧ください!

ABOUT ME
はるき
はるき
二児のパパのアラフォーサラリーマン。パパ・夫の本音を配信中。